翻訳スキルを向上させる5つのヒント

言語は常に進化しています。毎年発表される流行語を見てもわかる通り、新たな言葉が表れては消え、また表れます。言葉は時々に応じて、状況により適合した言葉へと変化してもいきます。翻訳も、常に変化していく言語に対応していくことを求められる繊細な仕事です。翻訳者もまた、プロとして生き残るには、言葉とともに「成長」していかなければならないのです。

今回は、フリーランスや企業専属の翻訳者が実際に行っている、翻訳スキルを向上させるための5つのヒントを紹介しましょう。

1 対象となる外国語を読む

最新の情報や表現を取り入れ、文脈や意味を確実に伝える訳文を作成するために最も重要なことは、対象となる言語の文章をできる限り多く読むことです。辞書は拠り所であり、頼れる友人である、くらいの気構えが大切でしょう。可能な限り眺めて、語彙を増やすことが重要です。
ただし、辞書だけでは最新の知見を取り入れることはできません。新聞や雑誌、書籍などを読んで、対象言語や翻訳対象の分野における流行や出来事、文化や専門用語を一語でも多く吸収しましょう。既存の翻訳記事を原文と読み比べて、巧みな表現を習得するという翻訳者も数多く存在します。

2 ネイティブスピーカーと話す

対象となる言語のネイティブスピーカーと、できる限り多くの会話の機会を持ちましょう。実際に口にし、耳にすることで、言語への理解度はぐんと深まります。口語表現やスラング、言語独自の言い回しやタブーとされる表現、各単語に含まれる細かなニュアンスまでつかむには、その言語の「専門家」とも言えるネイティブと対話する以上によい方法はないでしょう。

3 専門分野を持つ

翻訳の仕事を長く続ける上で重要なのが、得意な分野を持つことです。医学系の翻訳に長けている、自動車関連の文書なら誰よりも詳しい、といった具合に(それを証明する学位や認定資格があればなおよし)。特定の専門分野を持っておけば、企業における複雑な文書や、専門家による論文といった内容でも対処することができ、仕事の幅がぐんと広がります。機械翻訳の進化が著しい今日においては、単純な内容の翻訳であればコスト削減のためにニューラル機械翻訳を利用した翻訳で補う、という選択が主流になってくるでしょう。機械が上手く翻訳できない専門知識を必要とする翻訳こそ、翻訳者に今後求められることと言えるかもしれません。

4 逆方向の翻訳にも挑戦する

例えば英語を日本語にする翻訳(英文和訳)に慣れている方は、日本語を英語にする翻訳(和文英訳)にも挑戦してみるとよいでしょう。二言語間の文法や構造、さらには各場面で好まれる単語や表現などを、より深く知ることができます。最近は、機械翻訳などで翻訳された文章の言語検証や、訳文の等価性の確認を目的とした逆翻訳(バックトランスレーション)の需要が増えています。日英・英日の双方向の翻訳ができるようになれば、仕事の数を増やすこともできるのです。

5 CATツールを使いこなす

翻訳の質を担保するのはもちろん人間ですが、訳の抜け・漏れやスペルミスなど、ヒューマンエラーも残念ながらつきものです。そうした細かなミスを防ぐ上で役に立つのが、CATツール(Computer Assisted Translation Tools、翻訳支援ツール)です。CATツールでは、原文と訳文を対比させながら、節ごとに翻訳を行うことができます。機械が単語ごとに翻訳の内容を記憶し、抜け・漏れの防止や訳語の一貫性の維持を助けてくれるのです。
さらにCATツールの優れている点として、プロジェクトごとに内容を保存しておくことができるため、翻訳原稿の改訂の際には、該当箇所だけの翻訳に留めることができ、結果的に時間とコストの大幅な短縮につながります。一つのプロジェクトに複数の翻訳者が携わる場合でも、基準となる用語および語彙セットを参照しながら翻訳できるため、品質の維持にも有用です。翻訳のスピードを早め、質を維持・向上させる優れたツールと言えます。MemsourceやSDL TradosMemoQなど、さまざまなCATツールが商品化されています。無料体験を提供しているツールもありますので、試してみるのもありです。翻訳会社によっては、翻訳の際に使用するツールを指定してくることもあるので、翻訳ツールに関してもアンテナを張っておくとよいでしょう。

翻訳スキル向上のためのヒントを紹介しましたが、最も重要なのは、できるだけ多くの翻訳を手がけることです。有償・無償に関わらず、自身の能力を向上させる機会を活用しておけば、実際に仕事が発生した時、あなたの能力をいかんなく発揮することができるでしょう。備えあれば憂いなしです。

Leave A Reply

Your email address will not be published.

お気軽にお問い合わせください

toiawase@crimsonjapan.co.jp