日英翻訳・英日翻訳・多言語翻訳
利用規約  
 

1. 見積もりに関する規定

  • 当社クライアントサービスからメールで送る見積もりと作業計画(翻訳者人数、納期など)をお客様が承認し、発注の連絡をメールでお送りくださいますと、正式な契約となります。契約成立後は料金の変更が難しくなりますのでご注意ください。
  • オンラインツール「自動見積もり機能」で表示されるのは概算見積もりです。クライアントサービスがメールで送付する正確な見積もりに対し、ご発注のご連絡をいただかない限りは、正式なご契約成立とはなりません。
  • 正式な契約成立前に翻訳作業を開始することはありません。

2. 発注後の原稿の差し替えに関する規定

当社では、発注後(契約成立後)の原稿の差し替えについて規定を設けています。

  • 発注後の原稿の差し替えは可能です。ただし、差し替えの申し出のタイミングによって、以下の追加料金が課される場合があります。
    • 契約成立から1時間以内の申し出であれば無料。
    • 契約成立から1時間を経過した後は、作業の進捗に応じて、最低額1万円、最大で見積もり金額の100%の料金をお支払いいただきます。
  • 差し替え後のファイルの見積もりは、クライアントサービスから別途ご連絡します。

3. 発注後の依頼の中止(キャンセル)に関する規定

当社は、発注後(契約成立後)の依頼の中止(キャンセル)について規定を設けています。

  • 発注後のキャンセルには、以下のキャンセル料を申し受けます。
    • 契約成立から1時間以内のキャンセルの申し出であれば無料。
    • 契約成立から1時間を経過した後は、作業の進捗に応じて、最低額1万円、最大で請求金額の100%のキャンセル料金を申し受けます。

4. 納品に関する規定

当社は納品時刻通りに納品をいたしますが、もし約束の時刻になっても納品を確認できない場合、すみやかに当社までご連絡ください。お客様側のサーバーダウンや、迷惑メールボックスに納品メールが入っていたなどの技術的なトラブルでお客様側に納期遅れが生じることに対し、当社は一切の責任を負いません。

5. お支払いに関する規定

  • お支払いは原則として、納品後に発行する請求書に基づき行っていただきます。
  • 納品後のお客様の検証作業において、品質への疑義がございましたら、クライアントサービスまでご連絡ください。当社の品質調査チームにて精査し、瑕疵が認められれば、割引料金等の提案をいたします。なお、品質への疑義は納品日より6ヶ月以内に当社にお知らせください。
  • 当社では納品後のお支払いを原則としておりますが、以下のケースでは、料金の前払いをお願いしております。前払いをお願いするお客様へは、当社が入金を確認するまで翻訳作業を開始いたしません。
    • お客様が固定メールアドレスをお持ちでなく、gmail.comなどのフリーメールやocn.ne.jpなどのプロバイダ提供のメールアドレスをご利用いただいている場合。
    • 見積もりが特定の金額を超える場合。
    • その他、当社で前払いが必要と判断した場合。

6. Eメールアドレスに関する規定

お客様のEメールアドレスを当社にお知らせいただいた時点で、お客様に当社のPRを含めた情報メールをお送りする許可をいただいたとみなします。配信停止を希望するお客様は、メール内の記載に従って配信停止の手続きをしてください。

7. 賠償責任の制限

  • 当社は、お客様が引き起こした事由により契約が途中で終了した場合、かかる終了から直接的、付随的、又は結果的に生じる損害を含む一切の損害について賠償責任を負わないものとします
  • お客様は、当社の納品した成果物を、受領後遅滞なく検査し、当該成果物に翻訳過誤等の瑕疵があった場合は、当該成果物受領後6ヶ月以内に当社に通知してください。
  • お客様が成果物受領後6ヶ月以内に前項の通知を行わなかったとき又はお客様において印刷・製本・ウェブ公開等に当該成果物を利用したときは、当該成果物はお客様の検査に合格したものとみなします。
  • 前項の検査にもかかわらず、成果物の引渡し完了後に、成果物に瑕疵が発見され、その瑕疵が原因でお客様に損害が生じたとしても、当社で負担する損害賠償の額は、当社がお客様より受領した委託金額を超えないものとします。
  • 当社は原稿を安全に送信するために有効なあらゆる予防策を講じますが、万が一ハードウェアおよびソフトウェアの故障、コンピューターウィルス、天災、電力供給障害など予測不可能な事態により安全な送信が阻害された場合、当社は一切の責任を負いません。
  • 当社とは、当社にかかるすべての部署、子会社、子会社の従業員を含めることとします。

8. 準拠法

これらの諸条件は日本の法律にのっとって解釈され、規定されています。弊社とお客様間に争議が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

9. 知的財産所有権に関する規定

  • 当社とその従業員は、翻訳のために送られてくる原稿に対して一切クレームを申し立てません。すべての原稿は執筆者の知的活動の産物だと受け止めております。翻訳者及び校正者は機密保持契約書にサインをし、すべての原稿に対していかなるクレームも申し立てないことを誓約しております。
  • お客様は、原稿内で引用した第三の著作物の著作権の代理人となります。つまり、お客様が第三者の著作物を原稿内で使用する場合、第三者の使用許可を受けるか否かはお客様自身の判断に委ねられており、当社は第三者の著作権にかかる一切の責任を負わないこととします。
  • また、お客様は原稿が以下の内容を含まないことに同意する必要があります。著作権を侵害するもの、不法、性描写を含むもの、脅迫や虐待的行為、中傷やいやがらせ、人種的・民族的差別を含むもの。又は当社のイメージ、営業上の信用を損ねる可能性があり、当社に使用制限を行使させるもの。

10. サービス内容の修正・改善の告知に関する諸条件

当社はサービス内容にかかるこれら諸条件を、事前にお客様に周知することなく修正・改善する権利を保持しています。これら修正・改善を実施した後にお客様からご発注いただいた場合は、これらの改善・修正にお客様から承認をいただいたものとみなします。

11. 原稿データに関する規定

当社は、お客様からいただく原稿データを元の形状が分からないように加工し、学術振興を目的とした英文添削ツールやソフトウェアの開発に充てさせていただくことがございます。お客様が原稿データを当社に提出くださった時点で、上記に対する許可をいただいたとみなします。

12. 当ウェブサイトに関する規定

当ウェブサイトは当社によって管理・運営されており、日本の著作権法および国際条約にて保護されています。いかなる改ざん、コピー、再製、再版、更新、無断掲載、放送、配信も許可しません。また、コードやソフトウェアも含めて当ウェブサイトからのコンテンツの無断掲載・無断転用は固く禁止されています。個人的・非商業的な目的であろうとも、いかなる無断使用も著作権の侵害とみなします。

13. 機械翻訳に関する規定

当社が提供する機械翻訳+ポストエディットサービスにおいては、主に米国Google社の開発している自動翻訳システムを採用します。

14. その他

以上に述べた当社の利用規定にお客様が従わない場合、当社は唯一かつ絶対の裁量権において、ただちにサービスを打ち切る権利を有しています。

ネイティブチェック