学習効果の分析

各種の指標から学習の効果を分析し、必要なデータを必要な形式で抽出します。

お見積もりはこちら
image
image
image
image
image
image
image

結果に重点をおいた分析

トレーニングや学習では、大きな労力とリソースが費やされます。そのため、特定の学習モジュールが従業員にどれだけプラスの効果をもたらしたかを把握する必要があります。成果や業績への影響は数値的に測定することもできますが、研修・学習素材の評価にあたってはコースの質にも注目する必要があります。クリムゾンでは、学習モジュールのすべてにおいて質、効果ともに最高のものを追及します。

分析対象

各モジュールに費やされる時間

どこに一番時間がかかるかを考証し、そのモジュールを改善することで、より学習効果が高く、時間効率のよいプログラムに改善します。

コース全体を修了するまでの時間

各コース間のギャップを探ります。どのコースに一番時間が掛かるかを調べ、必要な部分の取捨選択を行って最適化を図ります。

コース修了者の割合

利用者のどれだけがコースを修了できたのかを調べます。この割合は、コースの学習効果を測るひとつの指標となります。

ユーザーが学習継続を断念する箇所

eラーニングの中で最も難易度が高い箇所を特定します。ユーザーが学習継続を断念する箇所の傾向が、プログラム改善の重要なヒントになります。

テストの結果

テストやアンケートの結果により、コース内容がどれだけ理解されたかが分かります。個別・全体のテスト結果のデータから、各コースの学習効果を判断できます。

地域/言語的なデータ

同じeラーニングの効果を複数の言語、地域で比較することで、特定の地域や言語のバージョンの修正の必要性もわかります。

目的に応じた検証をサポート

コース内容そのものにとどまらず、学習が業務にどう影響するかを検証することも大切です。

業務への効果

その学習プログラムよって、学習者はどれだけ職場での業務を改善できるのか。業務上の成果を明確にし、コース修了後の成果を見ることで、プログラムの効果を検証することができます。

業務への効果が出るまでの時間

コース開始から、またはコース修了からどれぐらいの時間で、業務への効果がみられるようになったのか。実際の効果が出るまでの時間から、適切な受講の頻度や間隔を導き出すことが可能です。

組織全体への影響

各種のデータを集めることで、事業全体への効果、そして費用対効果を査定することが出来ます。学習効果は、収益や支出削減などとの関連性にまで及んで分析するべきです。

お客様の声

クリムゾンでは、これまで数多くのお客様にEラーニングのソリューションを提供してきました。
ご利用いただいたご感想を一部ご紹介します。

事例

image
E-learning

セキュリティ意識向上トレーニングを提供する業界最大手企業

セキュリティ意識向上トレーニングとフィッシングシミュレーションを提供する企業のeラーニングコースを33の言語に翻訳・ローカライズしました。

image
E-learning

Discovery Education

高校卒業までの教育を支えるデジタルカリキュラムの世界的リーダーDiscovery Education
 
 

image
E-learning

バイオメディカル分野で権威のある米国の非営利機関

同機関が運営する英語のeラーニングコースの、中国語への翻訳、中国語版の映像・画像制作、ナレーション制作を包括的に行いローカライズしました。

さあ始めましょう