Browsing Tag

ローカライズ

ウェブ翻訳ですべきは翻訳プロキシの導入か、CMSの統合か

ビジネスをグローバルに展開する上で、今やウェブサイトの多言語化は不可欠です。多言語サイトの開発と管理にはさまざまな方法があり、どのように始めれば良いか悩まれる方もおられるでしょう。 ウェブサイトの多言語化でまず決めなければならないことの1つが、シームレスで効率的でありつつ、正確な翻訳を可能にするためのインフラの構築です。 ここでは、翻訳プロキシ、および、コンテンツ管理システム (CMS)

医療翻訳・医薬翻訳サービスが重要な理由

薬の処方から命にかかわる緊急事態への対処まで、世界中の人々は、母国語での医療サービスへのアクセスを必要としています。言語や国境を越え、どこに住んでいようと、どんな言葉を使っていようと、人々が最良の医療を受けられることが理想です。医療業界のコミュニケーション促進によりそれを実現するためには、医療翻訳・医薬翻訳が欠かせません。単語ひとつの誤訳が甚大な被害を招きうるため、医療や医薬に関わる企業は、製品やサービスの翻訳にあたって、専門性の高い翻訳サービスを利用すべきでしょう。

翻訳会社・LSPを利用する10のメリット

新しい顧客を引きつけ、獲得するために世界市場に参入することは、ビジネスにとって最大の意思決定のひとつと言えるでしょう。国境を越えてビジネスを拡大させることは、多大な面倒を抱えることになると思われがちですが、そうでもありません。個人翻訳者に頼んだり、社内で作業分担してすませようとしたりせず、翻訳サービスを専業とする会社に依頼すれば、手頃な価格で効率よく、しかも途中で滞ることなく作業を進めることが可能です。

スペイン語への翻訳の際の留意点

『Spanish in the World 2019』によれば、世界のスペイン語話者の人口は計5億8000万人とされ、商品やサービスによってはスペイン語への翻訳には、かなりの効果が期待できるでしょう。しかし、一口にスペイン語といっても、国や地域によって発音や記述にバリエーションがあるため、どこの誰に向けたスペイン語にするのかを明確にしなければなりません。 ここでは、最高レベルのスペイン語翻訳を実践するための留意点について取り上げます。

グローバルなビジネスのためのソフトウェアローカライズ

ソフトウェアのグローバル展開を検討しているのであれば、ローカライズへの投資は惜しむべきではないでしょう。​ソフトウェアをローカライズするということは、ユーザーの地域や言語、文化を理解した上で、国境を越えて新しいお客様にアプリケーションを提供するということです。言葉や文化的な規範をしっかりとふまえて製品をローカライズすれば、世界のユーザーに満足のいく体験を提供できるでしょう。

綿密な多言語コンテンツ戦略によるビジネスの拡大

ビジネスを新たな高みに引き上げ、多数の顧客を引きつけるための方法のひとつは、多言語コンテンツ戦略をしっかりと行うことです。これにより、オリジナルのコンテンツに込められたメッセージを維持しつつ、世界中での自社のプレゼンスを確保できます。 多言語コンテンツ戦略を成功させるには、強固なビジョンと計画性を持ち、対象市場を十分に理解する必要があります。以下に挙げる手順を行うことで、最良の戦略が実践できるでしょう。 コアメッセージの明確化

ソフトウェアのローカライズ

世界各国に合わせてソフトウェアをローカライズすることで、国内だけでは実現できない膨大な数のユーザー獲得も可能になります。ソフトウェアの市場規模は、2021年には5,072億ドルになるとも予想されており、現在はローカライズを行うには絶好のタイミングだと言えるでしょう。 ソフトウェアのローカライズとは

多言語Webサイトの活用

世界中で新規顧客を開拓しようとするなら、Webサイトの他言語化は真っ先に検討すべきです。世界のインターネットユーザーのうち72%が母国語のウェブサイトの利用を好むというデータもあることから、多言語のサイト作成が目標達成のための確実な方法です。ユーザーは、しっかりとした母国語で情報を提供してくれる企業に対して高い信頼を置くのです。 多言語Webサイトの利点 多言語Webサイトの作成には次のようなメリットがあります。

多言語マーケティング戦略が必要な理由

ターゲット層にリーチして競争力を獲得するには、多言語マーケティング戦略の導入が必要です。多言語コンテンツマーケティングを行うことで、ビジネスの急速な拡張や、競合との差別化の可能性が開かれます。 多言語マーケティング戦略とは

お気軽にお問い合わせください

toiawase@crimsonjapan.co.jp