Browsing Tag

ローカライズ

ウェブサイトを翻訳して世界に羽ばたけ!

世界中では45億7000万人(Statista:2020年7月公表)ものアクティブユーザーがインターネットを利用しています。新しい市場で製品やサービスを紹介し、世界中のユーザーに情報を届けるためには、ウェブサイトを多言語化するのが最適です。コンテンツを別の言語、それも、より多くの言語に翻訳することで、何百万人もの新規顧客に製品やサービスを知ってもらうことができるのです。ここでは、ウェブサイトを翻訳するべき理由の中でも、特に重要な点をいくつかご紹介します。

翻訳会社を活用し、ビジネスを世界に

国境を越え、ビジネスを拡大すれば新規顧客獲得のチャンスはおのずと広がります。しかし、細かいニュアンスや文化にまで配慮した翻訳とローカライズを行わなければ海外で受け入れられるのは困難です。そうした、現地に受け入れられるローカライズをするためには、適切な翻訳会社を選ぶ必要があるでしょう。この記事では、翻訳会社を利用したグローバルな展開について記します。 幅広いオーディエンスを獲得する

アプリをローカライズして幅広いユーザーを獲得する

ある統計によると、2019年の全世界でのモバイル端末のアプリケーション(アプリ)のダウンロード総数は2040億になったといいます。多くの企業にとって、顧客獲得やビジネス拡大のために自社アプリをローカライズすることがこれまでになく重要になってきているのです。 アプリのローカリゼーションとは何か

ウェブサイトのローカリゼーションが新たな顧客を引き入れる

多くの場合において、ウェブサイトは潜在顧客との最初の接点となります。ですから、企業がグローバルに展開しようとするならば、サイトのローカリゼーションは避けては通れません。各国で行われた調査によると、外国語ができるインターネットユーザーでも、母語で書かれた商品やサービス説明があればそちらを優先的に利用するといいます。ですから、ターゲット市場の人々の心に響くことばでサイトを作ることが、新たな顧客獲得につながるのです。 ウェブサイトのローカリゼーションとは

翻訳コストを左右する要素を見てみよう

外国語に関する幅広い業務を担う翻訳会社やランゲージサービスプロバイダー(LSP)の選択において、コストは大きな検討項目です。ところが、翻訳のみを行う会社から、ローカライズまでを一括で請け負う会社まで会社の規模もさまざまなら、コストにもかなりの差があり、一概に比較することが難しいものです。ここでは、翻訳プロジェクトに影響を与えるコストを左右する要素について見てみます。 翻訳言語の組み合わせ:

ライフサイエンスの翻訳・ローカライズの重大な役割

大手製薬会社の多くが、収益の50%を国際市場から得ていることを鑑みると、グローバル市場に進出することの必要性は想像に難くないものです。人の命にも関わる製薬会社を含むライフサイエンス関連の企業が新たな市場に製品を送り出す際には、正確な情報の翻訳・ローカライズが必須です。 ライフサイエンス分野の翻訳・ローカリゼーション ライフサイエンス分野におけるグローバル戦略において、翻訳・ローカライズが必要な情報には以下のようなものがあります。 1. 臨床試験関連

動画のローカライズと活用法

インターネットを介した情報拡散が一般的になった現在、効果的なマルチメディアキャンペーンを展開するには、何が必要か。そのツールの1つとして注目されているのが、ターゲットに直接メッセージを届けられる動画(ビデオ)のローカライズです。ただし、動画であってもローカライズを行う際には、ターゲットに響くことと同時に、該当国の文化や習慣に適合していることが求められます。動画は、適切に使用すればユーザーの反応を引き出すだけでなく、売り上げを向上させるのに効果的なツールとなり得ます。

お気軽にお問い合わせください

toiawase@crimsonjapan.co.jp