Browsing Tag

ローカライズ

スペイン語への翻訳の際の留意点

『Spanish in the World 2019』によれば、世界のスペイン語話者の人口は計5億8000万人とされ、商品やサービスによってはスペイン語への翻訳には、かなりの効果が期待できるでしょう。しかし、一口にスペイン語といっても、国や地域によって発音や記述にバリエーションがあるため、どこの誰に向けたスペイン語にするのかを明確にしなければなりません。 ここでは、最高レベルのスペイン語翻訳を実践するための留意点について取り上げます。

グローバルなビジネスのためのソフトウェアローカライズ

ソフトウェアのグローバル展開を検討しているのであれば、ローカライズへの投資は惜しむべきではないでしょう。​ソフトウェアをローカライズするということは、ユーザーの地域や言語、文化を理解した上で、国境を越えて新しいお客様にアプリケーションを提供するということです。言葉や文化的な規範をしっかりとふまえて製品をローカライズすれば、世界のユーザーに満足のいく体験を提供できるでしょう。

綿密な多言語コンテンツ戦略によるビジネスの拡大

ビジネスを新たな高みに引き上げ、多数の顧客を引きつけるための方法のひとつは、多言語コンテンツ戦略をしっかりと行うことです。これにより、オリジナルのコンテンツに込められたメッセージを維持しつつ、世界中での自社のプレゼンスを確保できます。 多言語コンテンツ戦略を成功させるには、強固なビジョンと計画性を持ち、対象市場を十分に理解する必要があります。以下に挙げる手順を行うことで、最良の戦略が実践できるでしょう。 コアメッセージの明確化

ソフトウェアのローカライズ

世界各国に合わせてソフトウェアをローカライズすることで、国内だけでは実現できない膨大な数のユーザー獲得も可能になります。ソフトウェアの市場規模は、2021年には5,072億ドルになるとも予想されており、現在はローカライズを行うには絶好のタイミングだと言えるでしょう。 ソフトウェアのローカライズとは

多言語Webサイトの活用

世界中で新規顧客を開拓しようとするなら、Webサイトの他言語化は真っ先に検討すべきです。世界のインターネットユーザーのうち72%が母国語のウェブサイトの利用を好むというデータもあることから、多言語のサイト作成が目標達成のための確実な方法です。ユーザーは、しっかりとした母国語で情報を提供してくれる企業に対して高い信頼を置くのです。 多言語Webサイトの利点 多言語Webサイトの作成には次のようなメリットがあります。

多言語マーケティング戦略が必要な理由

ターゲット層にリーチして競争力を獲得するには、多言語マーケティング戦略の導入が必要です。多言語コンテンツマーケティングを行うことで、ビジネスの急速な拡張や、競合との差別化の可能性が開かれます。 多言語マーケティング戦略とは

スペイン語の翻訳の重要性を考える

スペイン語の話者数は世界に約5億3,400万人いると言われており、英語、北京語、ヒンディー語に続く世界で4番目に広く話されている言語です。近年、スペイン語の翻訳サービスの需要は、米国企業を中心に高まっており、スペイン語の翻訳サービスは40%増加していると推定されています。ここでは、スペイン語が重要視されるようになった理由を考えてみます。 増え続けるスペイン語の話者数

ウェブサイトを翻訳して世界に羽ばたけ!

世界中では45億7000万人(Statista:2020年7月公表)ものアクティブユーザーがインターネットを利用しています。新しい市場で製品やサービスを紹介し、世界中のユーザーに情報を届けるためには、ウェブサイトを多言語化するのが最適です。コンテンツを別の言語、それも、より多くの言語に翻訳することで、何百万人もの新規顧客に製品やサービスを知ってもらうことができるのです。ここでは、ウェブサイトを翻訳するべき理由の中でも、特に重要な点をいくつかご紹介します。

翻訳会社を活用し、ビジネスを世界に

国境を越え、ビジネスを拡大すれば新規顧客獲得のチャンスはおのずと広がります。しかし、細かいニュアンスや文化にまで配慮した翻訳とローカライズを行わなければ海外で受け入れられるのは困難です。そうした、現地に受け入れられるローカライズをするためには、適切な翻訳会社を選ぶ必要があるでしょう。この記事では、翻訳会社を利用したグローバルな展開について記します。 幅広いオーディエンスを獲得する

お気軽にお問い合わせください

toiawase@crimsonjapan.co.jp