月-金10:00-19:00
03-5050-5045
翻訳会社・翻訳サービス・技術翻訳・翻訳業者

翻訳支援ツールを使った翻訳サービス 

翻訳会社クリムゾン インタラクティブ ジャパンは、ボリュームの多いマニュアルやプロトコル等の日英・英日翻訳に翻訳支援ツール(CATツール)を使うことで、短納期、格安、安定した品質で提供しています。専門分野のプロによる人力の翻訳を翻訳メモリが補完し、ハイボリュームでも一貫性のある、高水準の訳文をお届けします。 

翻訳支援ツールを使った翻訳工程では、翻訳メモリにお客様の過去の翻訳データが蓄積されていきます。原文と訳文を対にしてデータベースに蓄積することで、原稿内の重複箇所が自動的に翻訳され、表記の統一や納期短縮が可能となります。 

翻訳メモリは案件ごとに当社で作成・更新いたします。以前に作成された翻訳メモリをご提供いただく場合、当社で読み取り可能なファイル形式であればご依頼の案件に利用することも可能です。

翻訳支援(CAT)ツール

翻訳支援ツールはCAT(Computer Assisted Translation)とも呼ばれ、マニュアルや書籍などの大容量の翻訳のほか、再版、改訂版、および納期の短縮が必要な文書を翻訳する場合に使用します。クリムゾンインタラクティブはMemsourceやTRADOS、memoQ、SmartCATなど、複数の翻訳管理システム・支援ツールを案件によって使い分けています。

翻訳支援(CAT)ツール

翻訳メモリに蓄積したフレーズを使用して専門用語の表記を統一したり、重複する表現を自動で翻訳したりすることが可能です。 翻訳メモリが原文を細かい分節に区切り、その訳文と並べてツール上に保存。数字・用語の不一致、スペルミスなどを自動で検出し、抜け・漏れを未然に防ぎます。このデータを蓄積することで再版や改訂の際に転用が可能となり、プロジェクトの進行を格段に速めます。

お客様からいただく対訳リストを元に用語データベースを作成し、専門用語の表記の統一も行います。そのため、複数の翻訳者が携わるハイボリュームな翻訳でも、一貫性のある文書を作成できます。これによりワークフローが短縮され、結果的にコストの削減にもつながります。
お客様の原稿に応じて最も適切な翻訳支援ツールを選び、提案をさせていただきます。

翻訳管理システム

翻訳管理システム文字数の多い大型プロジェクトを進行する際に活用するのが、翻訳管理システム(Translation Management System)です。進行の管理や原稿のアップロードをこの中で行うほか、翻訳支援(CAT)ツールも搭載しています。

最大のポイントは、お客様・プロジェクトマネージャー・翻訳者・チェッカーなど翻訳プロジェクトに携わるすべてのステークホルダーがアクセスできること。これにより、翻訳者同士で表現の統一に関する確認を行ったり、お客様からプロジェクトマネージャーへ、翻訳や進行に関するご要望をお伝えいただくことも可能です。また原稿のアップロードをはじめプロジェクトに進行があった際には関係者全員に自動で通知されるため、リアルタイムで状況を確認していただけます。

情報保護にも万全の体制を敷いています。すべてのデータをパスワードで保護するため、当事者以外は見ることができません。また翻訳内容や文字数などの概要をデータ化するため、再度ご発注をいただく際にもサービスの内容をカスタマイズしやすく、スムーズなオペレーションが可能です。

自社開発のネイティブチェックツール

ネイティブチェックツール社内のネイティブチェッカーが、仕上がった翻訳原稿を最終チェックする際に、社内で制作した独自のチェックツールを使用します。スペルチェック、スペースの全角または半角への統一、句読点の修正を行い、誤りがある場合は、その箇所を自動で検出し、ハイライトして知らせます。これにより万が一のヒューマンエラーをなくすことができ、原稿の精度がさらに高まります。

当社で運用する翻訳支援ツール

SDL Trados Studio、 SDL Passolo、 Wordfast Anywhere、 Memsource、 memoQ、 SmartCAT、 GeoWorkZ - Translation Workspace、SYSTRAN、 Déjà vu Xなど。ここに記載がない場合でもご相談ください。

対応ファイル形式

マイクロソフトオフィスのファイル

マイクロソフトオフィス・ワード MS ワードファイル マイクロソフトオフィス・エクセル MS エクセルファイル マイクロソフトオフィス・パワーポイント MS パワーポイントファイル

翻訳支援ツールのファイル

マイクロソフトオフィス・ワード MS ワードファイル マイクロソフトオフィス・エクセル MS エクセルファイル マイクロソフトオフィス・パワーポイント MS パワーポイントファイル MS パワーポイントファイル MS パワーポイントファイル

その他

テキストファイル RTFファイル PDFファイル AutoCADのDVFファイル PDFファイル AutoCADのDVFファイル

※文字編集可能なファイルに限ります。
※納品ファイル形式は基本的に対象原稿と同じ形式ですが、TXT、RTF、PDFの場合はWordになります。
※LaTeXにも対応します。その場合、編集可能なPDFに変換の上、ご依頼時にLaTeXと一緒にご提供ください。納品ファイルの形式はLaTexもしくはWordになります。

翻訳支援ツールでの翻訳に関するQ&A

翻訳支援ツールとは何ですか?
翻訳支援ツール(CATツール)とは、Computer-Assisted Translation Toolのことです。人間が専門分野の知識と経験を生かして翻訳するプロセスの中、その翻訳結果を記録・編集・活用することで、翻訳者を記憶面から支援するソフトウェアです。
翻訳支援ツールと自動翻訳は同じものですか?もし違いがあるならその差は何ですか?
いいえ、翻訳支援ツールを使った翻訳と単純な機械翻訳(自動翻訳)とはまったくの別物です。機械翻訳はいわば無料のインスタント翻訳です。コストはかかりませんが品質は伴いません。翻訳支援ツールを使った翻訳工程では、専門分野の知識を持つ人間の翻訳者が作業をします。翻訳支援ツールは翻訳結果の記憶・編集・活用で翻訳者を支援しますが、翻訳文書の一字一句のチェックは、やはり翻訳者による人力の仕事です。
翻訳支援ツールの利点とは何でしょうか?
翻訳支援ツールを使う利点は、時間の節約、低料金、そして語句の一貫性保持にあります。翻訳メモリに蓄積された翻訳情報の活用で作業の効率が上がり、かつ訳文に一貫性を与えることができます。そして重複箇所に割引を適用することで、安い翻訳料金をご提供することが可能になります。
翻訳支援ツールが使えるかどうかのチェックや見積もりの作成は無料ですか?
はい、無料です。お客様の原稿がツールの利用に向いているかどうかを確認するとともに、ご注文いただく翻訳レベル、原稿内の繰り返し・重複の度合い、ご注文後のレイアウト調整の有無、ファイル形式、納期などを考慮して、無料でお見積もりをご案内します。
翻訳作業が始まった後で追加の翻訳部分が発生した場合の料金や納期はどうなりますか?
ご発注後の追加翻訳については、対象箇所の文字・単語数に応じて追加料金と作業日数をいただきます。
納品原稿への質問は受け付けていますか?また、原文に変更が生じた場合、それに対応した訳文の修正は無料でしょうか?
訳文へのご質問は納品日から6か月以内であれば無料で承ります。しかし、翻訳の工程には英語ネイティブが深く参与しているため、英語でのご質問のみ受け付けております。原文に変更が生じる場合の訳文の修正にも対応いたしますが、文字・単語数に応じて別途料金が発生し、また、それに伴う翻訳メモリの更新にも別途料金が発生いたします。

なお、万が一翻訳の品質にご満足いただけない場合、第三者的機関として存在する当社の品質管理チームが、無料で品質チェックを遂行いたします。
翻訳支援ツールを使った翻訳でも、翻訳証明書は発行してもらえますか?
1通あたり6,000円(税別)で翻訳証明書の発行に対応しています。翻訳原稿の納品後にお送りいたします。
翻訳支援ツールはより良い翻訳の品質を保証してくれるのですか?
翻訳支援ツールには、正確で自然かつ統一性があるかどうかという点から訳文をチェックする機能がついています。高品質の訳文を作り出すのはあくまでも専門分野の知識と経験を有する翻訳者たちですが、ツールは上記の点から翻訳者の仕事に貢献するのです。
クリムゾンではどのような翻訳支援ツールを運用できるのですか?
SDL Trados Studio、 SDL Passolo、 Wordfast Anywhere、 Memsource、 memoQ、 SmartCat、 GeoWorkZ - Translation Workspace、SYSTRAN、 Déjà vu Xなどを運用しています。




お気軽にお問い合わせください

toiawase@crimsonjapan.co.jp

翻訳会社クリムゾン インタラクティブ ジャパン ホームページ