Browsing Category

翻訳テクノロジー

Category 2. Topics around technology employed in translation industry

ゲームの翻訳・ローカライズの重要性と手順

ゲームをローカライズするメリット 世界のゲーム業界は巨大市場であり、驚異的な成長を続けています。実際、ゲームの市場規模は2028年までに5,450億ドルを超えると予想されていますが、新しいゲームが絶え間なく市場に投入されていることを考えれば驚くべき数字ではありません。市場が成長し続ける中、ゲーム会社が製品を翻訳・ローカライズすれば、収益の大幅な増大を実感できることでしょう。 ゲームの翻訳・ローカライズは、利益の増加とともに以下をもたらします。

機械翻訳を補うポストエディット

機械翻訳は高性能かつ無料で利用できる選択肢も広がって普及が進んでいます。そこで、機械翻訳がご自身のニーズに適しているか、またそれを補うポストエディットが必要なのかを判断するために、クリムゾン・ジャパン(以下、クリムゾン)の「機械翻訳+ポストエディットサービス(MTPE)」を、人気の高い機械翻訳ツールの一つであるDeepLと比較してみました。 機械翻訳を補うポストエディット

ウェブサイトをローカライズするための5ステップ

eコマースの市場分析によれば全世界で20億人以上(2021年時点)がオンラインで製品やサービスを購入している現在、ウェブサイトのローカライズは、企業が世界市場に進出する上で不可欠です。サイトをローカライズすることで、より多くの人に情報を届け、SEO(検索エンジン最適化)を向上させ、新規顧客を獲得することが可能となります。ここでは、ウェブサイトのローカライズ実現のために必要な5つのステップを紹介します。 ローカライズ戦略を策定する

ニューラル機械翻訳の概要

多くの企業が事業の世界展開を進めるにつれ、高品質な翻訳サービスに対するニーズは飛躍的に高まっています。こうした翻訳需要の増大に妥当な費用で対応できるニューラル機械翻訳(NMT : Neural machine translation)の人気が高まっています。ニューラル機械翻訳は文脈に応じた翻訳が可能なので、人間の翻訳者が作成する文章に近い、質の高い訳文の作成が期待できます。 ニューラル機械翻訳とは

ソフトウェアの翻訳・ローカライズ戦略で知っておくべきこと

収益増、世界市場でのシェア拡大、顧客基盤の拡充を目指すのであれば、事業戦略の一環としてソフトウェアの翻訳・ローカライズは避けては通れません。翻訳・ローカライズは、国際市場で顧客を獲得し、ソフトウェアの売上を飛躍的に伸ばす最善策のひとつなのです。 ソフトウェアのローカライズによる事業への影響

VSEO(動画SEO)でオンライン動画の再生回数を上げる工夫

時間とコストをかけて製品やサービスの紹介動画を制作してネットに投稿しても、何もしなければ再生回数は増えません。戦略を立て、動画をできるだけ多くの人に届ける必要があります。しかし、Webサイトやソーシャルメディアには、毎日数え切れないほどの動画がアップされているため、せっかく投稿しても期待しているほどの視聴数を獲得できていないこともあります。人々の目に留まるようにする戦略―そのための効果的な工夫のひとつが、VSEO(動画SEO/動画のサーチエンジン最適化)です

機械翻訳+ポストエディットは翻訳者の作業を奪えるか

今日、世界中でテクノロジーが絶えず進歩し続けていることにより、さまざまな分野、職種における人間の労働が機械に置き換えられるようになっています。翻訳業界においては、特に翻訳アプリがどのスマートフォン(携帯端末)でも使えるようになって以降、機械翻訳が人間の翻訳者の作業を代行できるかについて思索することが容易になりました。しかし、機械翻訳がどれほど進歩したと言っても、現状は、人間の翻訳者と同程度の能力を獲得するまでには克服しなければならない課題が山積しています。

ウェブ翻訳ですべきは翻訳プロキシの導入か、CMSの統合か

ビジネスをグローバルに展開する上で、今やウェブサイトの多言語化は不可欠です。多言語サイトの開発と管理にはさまざまな方法があり、どのように始めれば良いか悩まれる方もおられるでしょう。 ウェブサイトの多言語化でまず決めなければならないことの1つが、シームレスで効率的でありつつ、正確な翻訳を可能にするためのインフラの構築です。 ここでは、翻訳プロキシ、および、コンテンツ管理システム (CMS)

グローバルなビジネスのためのソフトウェアローカライズ

ソフトウェアのグローバル展開を検討しているのであれば、ローカライズへの投資は惜しむべきではないでしょう。​ソフトウェアをローカライズするということは、ユーザーの地域や言語、文化を理解した上で、国境を越えて新しいお客様にアプリケーションを提供するということです。言葉や文化的な規範をしっかりとふまえて製品をローカライズすれば、世界のユーザーに満足のいく体験を提供できるでしょう。

ソフトウェアのローカライズ

世界各国に合わせてソフトウェアをローカライズすることで、国内だけでは実現できない膨大な数のユーザー獲得も可能になります。ソフトウェアの市場規模は、2021年には5,072億ドルになるとも予想されており、現在はローカライズを行うには絶好のタイミングだと言えるでしょう。 ソフトウェアのローカライズとは

お気軽にお問い合わせください

toiawase@crimsonjapan.co.jp