コラム

ウェブサイトを翻訳して世界に羽ばたけ!

世界中では45億7000万人(Statista:2020年7月公表)ものアクティブユーザーがインターネットを利用しています。新しい市場で製品やサービスを紹介し、世界中のユーザーに情報を届けるためには、ウェブサイトを多言語化するのが最適です。コンテンツを別の言語、それも、より多くの言語に翻訳することで、何百万人もの新規顧客に製品やサービスを知ってもらうことができるのです。ここでは、ウェブサイトを翻訳するべき理由の中でも、特に重要な点をいくつかご紹介します。 ビジネスを拡大する
続きを読む

翻訳会社を活用し、ビジネスを世界に

国境を越え、ビジネスを拡大すれば新規顧客獲得のチャンスはおのずと広がります。しかし、細かいニュアンスや文化にまで配慮した翻訳とローカライズを行わなければ海外で受け入れられるのは困難です。そうした、現地に受け入れられるローカライズをするためには、適切な翻訳会社を選ぶ必要があるでしょう。この記事では、翻訳会社を利用したグローバルな展開について記します。 幅広いオーディエンスを獲得する 売り上げや翻訳会社[はその市場の人々に向けて、ウェブサイト、マーケティング資料をはじめとした、各種リソースを翻訳・ローカライズしていきます。 お客様との信頼関係の構築 そのような翻訳会社/言語サービスプロバイダー(LSP)
続きを読む

【コラム】最も多くの言葉に翻訳された10冊の本

アメリカで刊行される書籍全体に占める翻訳書の割合がわずか3パーセント であることを考えれば、たとえひとつの言語であっても書籍が翻訳されて出版されるのはすごいことです。そんな中、世界には驚くほどたくさんの言語に翻訳された書物が存在し、時代や国を超えて人々に読まれてきました。このコラムでは、そんな世界的なベストセラー、ロングセラーをご紹介します。 『聖書』 最も多くの言語に翻訳された書物は聖書で、翻訳された言語は3384 にのぼるといわれます。新約聖書と旧約聖書はもともと、ヘブライ語、アラム語、ギリシア語で書かれており、原典 の語数はおよそ61万語です 『ピノッキオの冒険』カルロ・コッローディ著 イタリアの作家カルロ・コッローディの児童文学『ピノッキオの冒険』
続きを読む

翻訳をシンプルに 翻訳アプリの賢い使い方

翻訳アプリは、言葉の壁を取り払い、言語の異なる人々の間のコミュニケーションを可能にしてくれます。例えば親しい相手に対するシンプルなメッセージでも、ビジネスや海外旅行などでのやり取りでも、翻訳アプリがあるだけでかなり楽にこなせるようになります。 翻訳アプリを使う利点とは 近年、翻訳アプリの利用者は急速に増えており、その性能も劇的に向上しています。最も使われているアプリは 「Google翻訳」 で、ユーザーは世界に5億人いるといわれます。これほど普及した理由は、翻訳機がいつでも手軽に使えるということの便利さを多くの人が実感しているからに他なりません。翻訳アプリは、例えば以下のような場面でその力を発揮します。
続きを読む

【コラム】世界中でベストセラー、最も翻訳された10人の作家

多くの言語にジュール・ヴェルヌ[は、SFの父として知られ、フランス語原典からの翻訳は4751。科学的な文書と文学の双方に多大な影響を与えたといわれます。 3.ウイリアム・シェイクスピア 戯曲、詩、ソネットなどの作品群で、世界の文学と演劇に大きな足跡を残したウイリアム・シェイクスピア の作品の翻訳数は、ユネスコのデータベースで4296。『ロミオとジュリエット』や『ハムレット』、『テンペスト』など何らかの形で作品に触れたことがある人が多いでしょう。 4. エニッド・ブライトン(イーニッド・ブライトン) イギリスの児童文学作家エニッド・ブライトン
続きを読む

アプリをローカライズして幅広いユーザーを獲得する

ある統計によると、2019年の全世界でのモバイル端末のアプリケーション(アプリ)のダウンロード総数は2040億になったといいます。多くの企業にとって、顧客獲得やビジネス拡大のために自社アプリをローカライズすることがこれまでになく重要になってきているのです。 アプリのローカリゼーションとは何か アプリのローカライズとは、ターゲット市場に合わせてアプリをカスタマイズすることです。オリジナル版がもともとの市場で受け入れられているのと同様に現地の市場でも受け入れられるようにするのが最終的な目的です。ローカリゼーションの基本的な戦略を立て、同じ言語でも地域ごとの文化にあわせて細かい調整を行います。
続きを読む

ウェブサイトのローカリゼーションが新たな顧客を引き入れる

多くの場合において、ウェブサイトは潜在顧客との最初の接点となります。ですから、企業がグローバルに展開しようとするならば、サイトのローカリゼーションは避けては通れません。各国で行われた調査によると、外国語ができるインターネットユーザーでも、母語で書かれた商品やサービス説明があればそちらを優先的に利用するといいます。ですから、ターゲット市場の人々の心に響くことばでサイトを作ることが、新たな顧客獲得につながるのです。 ウェブサイトのローカリゼーションとは
続きを読む

韓国語翻訳ニーズの増加について

韓国が技術革新(イノベーション)で一躍世界1位にランクされたことで、新規ベンチャーの注目を集めることとなりました。韓国の小売Eコマース(電子商取引)市場は、2017年から2024年までの間に1,067億ドルにまで急拡大すると予測されており、参入する事業者は後を絶ちません。これにより韓国語翻訳のニーズも増加しています。 韓国市場にビジネスを拡大するチャンス 韓国市場に進出するビジネスが増える中、スタートアップ(新興)企業が成長するチャンスはたくさんあります。実際、Forbesが発表している2018年のビジネスにとって快適な国「Best Countries for
続きを読む

和英・英和翻訳で日本語の翻訳が難しいとされる8つの理由

私たちが日々使用している日本語は、多々ある言語の中でも非常に複雑な言語と考えられており、翻訳するのが最も難しい言語の一つとも言われています。現代日本語では3種類の文字体系(漢字、ひらがな、カタカナ)を使い分けている上、他に類似する言語がありません。「てにをは」のようなわずかな違いや言葉の使い方によって文意が変わってしまう日本語の翻訳には正確さと細部にわたる注意が必要です。日本語の翻訳が直面する課題を8つ挙げてみます。 1. 複雑な漢字
続きを読む

翻訳コストを左右する要素を見てみよう

外国語に関する幅広い業務を担う翻訳会社やランゲージサービスプロバイダー(LSP)の選択において、コストは大きな検討項目です。ところが、翻訳のみを行う会社から、ローカライズまでを一括で請け負う会社まで会社の規模もさまざまなら、コストにもかなりの差があり、一概に比較することが難しいものです。ここでは、翻訳プロジェクトに影響を与えるコストを左右する要素について見てみます。 翻訳言語の組み合わせ:
続きを読む

実は怖い「句読点」目立たないのに影響は甚大

今回は、一冊の本を紹介します。Lynne Trussの「Eats、Shoots&Leaves:The Zero Tolerance Approach to Punctuation(邦題:パンクなパンダのパンクチュエーション―無敵の英語句読法ガイド―)」。イギリスで140万部、アメリカで100万部売れたという文法書で、著者はユーモアたっぷりに 句読点 の誤用について説明、というより嘆いているものです。タイトルになっている「Eats、Shoots&Leaves」として以下のような小話が紹介されています。
続きを読む

翻訳スキル向上のための5ポイント

「言語は生きている」と言われるほど常に変化し続けている言語を扱う翻訳業。翻訳者は、言語の変化に適応しつつ細心の注意を払って作業することが求められます。世界と時代が変わるにつれ、あらゆる言葉の意味や使い方は変化し、言葉が使われる場所や時で異なる意味を持つようになります。翻訳では、その場所、その時々で適切な言葉を選び取らなければなりません。そのため翻訳者は言語と共に成長し、 翻訳スキル を向上させていかなければなりません。今回は、翻訳スキルを向上させるために役立つポイントを5つ紹介します。 1.読む
続きを読む

中小企業のグローバル化

グローバル化が進むとともにビジネスの競争は激化し、中小企業(SME)も波に揉まれています。新興国の成長は目覚ましく、多国籍でビジネスを展開する上で市場における競争力の維持・強化は欠かせません。しかし、市場調査とマーケティングに対する中小企業のアプローチは、大企業と比較すると弱く、整然さに欠けるように見受けられます。中小企業が新しい市場にビジネスを展開しようとした場合、個人的なネットワークや口コミを頼りにすることも多いようですが、そのような方法は国内市場で有効だったとしても、国外市場で地位を確立するには不十分と言わざるをえません。
続きを読む

技術翻訳費用を抑える3つの方法

技術翻訳 は、翻訳市場の中でも特殊で、比較的ストレートな言葉の置き換えにも関わらず、専門性が求められる分野です。ここに分類される文書のほとんどは、マニュアルやユーザーガイド、科学的文書、ジャーナル記事などで、特殊な専門用語を含むことが多々あります。これらの文書は、マニュアルとして参照しながら機械を操作するなど、そこに書かれた技術的あるいは科学的な情報を実際に利用するために翻訳されるのが一般的であるため、画像やチャート、図表、解説図などが多用されるとともに、独特なレイアウトや書式に従って書かれることもあります。 技術翻訳で手間のかかる作業は 技術翻訳をする際には、気を付けなければならないことがいくつかあります。
続きを読む

言語の性差は考え方にも影響を及ぼすか

日本語のように性差が大きな言語、言い換えれば性別で使う言葉が異なるという特徴が顕著な言語は少ないとはいえ、他の多くの言語にも性差が存在しています。英語の場合は性別によって異なる代名詞を使い分けますが、フランス語やスペイン語では接頭辞や形容詞にも違いがおよび、ロシア語やヘブライ語になれば動詞の活用にも性差があります。 では、男女の性差により言葉が異なるような言語を使っている場合、その言語の性差は話者の考え方に影響を及ぼすものなのでしょうか――社会言語学の研究が進められています。 性差は話者の考え方に影響するのか:サピア・ウォーフの仮説 アメリカの言語学者ベンジャミン・リー・ウォーフ(Benjamin Lee Whorf)は、師であるエドワード・サピア(Edward
続きを読む

ライフサイエンスの翻訳・ローカライズの重大な役割

大手製薬会社の多くが、収益の50%を国際市場から得ていることを鑑みると、グローバル市場に進出することの必要性は想像に難くないものです。人の命にも関わる製薬会社を含むライフサイエンス関連の企業が新たな市場に製品を送り出す際には、正確な情報の翻訳・ローカライズが必須です。 ライフサイエンス分野の翻訳・ローカリゼーション ライフサイエンス分野におけるグローバル戦略において、翻訳・ローカライズが必要な情報には以下のようなものがあります。 1. 臨床試験関連
続きを読む

eラーニングをローカライズするメリット

インターネット技術の発展と普及により、学習方法は大きく様変わりしました。今では、ネット環境さえ確保できれば、世界中のどこでも、いつでもさまざま内容の学習コースを提供・受講できるようになりました。意欲的に学習機会を利用するユーザー向けのコンテンツは多数ありますが、従業員向けトレーニングや、製品やサービスに関する情報をエンドクライアントに伝えるためのツールとしてインターネットを活用する企業などによるeラーニングのコースも数えきれないほど提供されており、その数は日々増え続けています。しかも、eラーニングのコンテンツとして、ビデオ、テキスト文書、スライド、写真、クイズやテストなどを入れ込むことができるようになったので、その多様性も増しています。
続きを読む

ニューラル機械翻訳+ポストエディットの需要増

近年急速に開発が進むニューラル機械翻訳(NMT)は、すでに翻訳およびローカリゼーション業界に変革をもたらしていますが、今後数年間はこの動きが加速すると見られています。人工知能(AI)および機械学習モデルに膨大な翻訳データセットを取り込むことにより、NMTの翻訳精度は飛躍的に向上しました。最近では、NMTの訳文を人間が編集( ポストエディット )することで、最終的な訳文の品質をさらに向上させる手法の需要が高まっています。 機械翻訳の種類 機械翻訳は、いくつかの段階を経てNMTに到達してきました。以下が主な機械翻訳の種類です。 ルールベース機械翻訳(RBMT:Rule Based Machine
続きを読む

ローカライズで観光産業の巨大市場に切り込む

毎年10億人を超える人が旅行を楽しむ昨今、旅行および関連するサービス業は急成長しています。国連世界観光機関(UNWTO)は、2020年までに世界の観光客数は約14億人に増加すると予測していますが、日本も東京オリンピック開催年となる2020年の訪日外国人旅行客数の集客目標を4000万人と設定しています。各国がビザ要件の緩和、最先端技術を活用した出入国審査の実現などの戦略を駆使して観光業を盛り上げているのが現状です。そして観光客の集客には制度的な対応だけでなく、官民ともに多言語による情報やサービスの提供も不可欠です。旅行会社や関連するサービスを提供する企業の中には、パンフレットなどの観光プロモーションコンテンツの ローカライズ を通して市場に参入し、事業を拡大する企業も増えています。
続きを読む

動画のローカライズと活用法

インターネットを介した情報拡散が一般的になった現在、効果的なマルチメディアキャンペーンを展開するには、何が必要か。そのツールの1つとして注目されているのが、ターゲットに直接メッセージを届けられる動画(ビデオ)のローカライズです。ただし、動画であってもローカライズを行う際には、ターゲットに響くことと同時に、該当国の文化や習慣に適合していることが求められます。動画は、適切に使用すればユーザーの反応を引き出すだけでなく、売り上げを向上させるのに効果的なツールとなり得ます。 今回は、効果的な動画のローカライズに向けて、その重要性と方法についてみてみます。 なぜ動画をローカライズすることが重要か
続きを読む

アプリのローカライズにおける7つのポイント

企業がアプリケーション(アプリ)をローカライズするときには、どんなところを注意しているのでしょうか。最近では、ゲームも含めたほとんどのアプリに、より多くのユーザーに使ってもらうようにするための言語対応が施されているように見受けられます。2020年までには、世界のアプリ市場が1,889億USドルに達するとの試算もあり、アプリ開発が成長産業であることは明白です。拡大するアプリ市場は、デジタル戦略の一環としてアプリのローカライズも視野に入れた戦略を図っています。もはや、iOSであろうとアンドロイドであろうと、世界市場で生き残るには、あらゆるアプリのローカライズが必要なのです。
続きを読む

スペイン語を制する者は巨大市場を制する?

世界中でビジネスを成功させている企業がいます。どの国に行ってもコカ・コーラ、マクドナルド、GEといった大企業の製品を見かけると思いますが、これらの大企業はどのように世界中に自社製品を展開することができたのでしょうか。
続きを読む

ビジネスのグローバル化と注目される新興市場

グローバル化が進むにつれ、海外でのビジネス展開に伴う翻訳の需要も増加しています。そのような翻訳に携わる可能性に備え、グローバル戦略において2019年に注目されそうな国に目を向けてみます。 ビジネスのグローバル化 グローバリゼーションという言葉自体、すっかりカタカナ使いが定着しつつあります。「国際化」と訳されているものを見かけたこともありますが、国際化が「国際的な規模の拡大」とされるのに対し、グローバリゼーションは国などの枠組みにとらわれない「世界規模での統合」を図ろうとする試みと言われます。
続きを読む

【コラム】世界的ベストセラーになった名翻訳(2)

以前、世界的ベストセラーになった名翻訳8冊をご紹介しました。他言語から日本語に訳されるものもあれば、逆に日本語から他言語に訳され、多くの読者を魅了する本もあります。紙でも電子媒体でも、母国語で世界中の文学が読めるようになるのはありがたいことです。とはいえ、文学作品の翻訳を引き受ける翻訳者は、大変な苦労をして原文の持つ言葉の美しさやニュアンス、文化的要素までを元の言語から違う言語に置き換えているのです。作家にとっては、他言語に翻訳されることで、より多くの読者に自分の作品を読んでもらうことができるようになります。人による翻訳作業に加え、機械翻訳の精度が上がり、翻訳サービスも多岐にわたるようになったことや、電子書籍の普及により、国境を越えてベストセラーとなる書籍が増えるかもしれません。
続きを読む

ローカライズ戦略で成功した3大テック・ブランド

世界に名だたるテック・ブランドといえば、アマゾンやアップル、グーグルを思い浮かべるかもしれません。しかし、ここでは効果的なローカライズ戦略で世界中の利用者の心を掴むことに成功した3つのテック・ブランドを紹介します。
続きを読む

2019年に翻訳業界を揺らす5つの動き

多くのグローバル企業が、翻訳やローカリゼーションを事業拡大計画の一環と捉えるようになっています。これにともない、翻訳産業への依頼も引き続き増加すると見込まれています。翻訳・ローカリゼーション、言語サービスに関する非営利団体GALA(Globalization & Localization Association)の市場分析 には、2021年まで成長が続き、その規模は560億ドルに達すると記されています。2019年、既に兆候は現れていますが、AI(人工知能)を活用し業務の効率化を図るなど、翻訳業界にとって気になる動きも出てきています。今回は、翻訳業界を揺さぶる5つの動向を取り上げてみました。 さらに発展する人工知能(AI)
続きを読む

翻訳自動化 -AIが翻訳にもたらす変化

近年の翻訳の自動化には目を見張るものがあります。IT技術が進歩し、言語の域にまで進出してきたことによって、高効率・低コスト・高品質な翻訳が提供されるようになってきました。さらなるAI(人工知能)の導入が見込まれる現在、翻訳の自動化がもたらすメリット、自動化を可能にする技術について見てみます。 ■ 翻訳自動化とは? 翻訳自動化 とは、翻訳プロセスの一部を機械処理することにより、高品質・低コストな翻訳アウトプットを短時間で提供可能にすることです。翻訳作業そのものではなく、プロセスの効率化を図るものであり、多言語化の翻訳プロジェクトやローカリゼーションなどに有効です。 翻訳自動化のメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。…
続きを読む

お気軽にお問い合わせください

toiawase@crimsonjapan.co.jp