CATツールを使用して翻訳効率をUP!

CATツールとは、Computer Assisted Translation(コンピュータ翻訳支援)ツールのことで、その名が示すように、翻訳のプロセスを容易にしてくれるコンピュータプログラムです。翻訳者のアウトプットの質と量を高めてくれるだけでなく、複数の翻訳者が作業を分担する時や解析を行う際に役立ちます。翻訳者が大量の翻訳を行ったり、限られた期間内に多くのプロジェクトに携わったりする場合には、まさに必要なツールと言えるでしょう。

■ CATツールの効果

CATツールは、使用頻度の高い語句やフレーズを保存・蓄積することができます(翻訳メモリ機能)。翻訳対象の文書からよく使われる用語や語句の組み合わせを拾い出し、それに適合する訳語を瞬時に表示するため、翻訳の処理を速めることができるのです。CATツールの種類によっては、校正やスペルチェックの機能も装備しているものもあり、翻訳効率を大幅に改善することができるのです。以下に具体的な効果をまとめます。

翻訳スピードが速くなる
CATツールを利用することで、翻訳処理のスピードが格段にアップします。一度翻訳された用語や文章をデータとして蓄積していくので、分量の多いプロジェクトで特に威力を発揮します。翻訳者がゼロから翻訳を行うより作業時間は大幅に短縮され、短納期での納品を実現することができます。

訳漏れを回避
CATツールには見落としがありません。人力翻訳では訳抜け・訳漏れが発生する恐れがありますが、ツールは機械的に処理していくので、原文テキストを見落とす心配がないのです。また、CATツールによっては、訳漏れを検出するQA(品質管理)チェック機能が付いているものもありますので、ツールの機能を活用して、より完成度の高い翻訳原稿を作成することができます。

用語の一貫性を保つ
頻出する語句やフレーズに同じ訳語を自動で用いるため、翻訳の一貫性を保つことができます。法律や製薬など、用語の正確さが特に求められる業界にとっては、大変有用な機能です。

共同作業の効率化
翻訳を複数の翻訳者が同時並行的に行う場合、ツール内で翻訳メモリを共有できることで、全員が確実に同じ語彙セットのもとで翻訳に当たることができます。これによって、最終的に統一感と一貫性のある訳文に仕上がります。また、ツールによっては、共通のインターフェイスを利用し、翻訳者あるいはプロジェクト管理者と作業内容について連絡を取り合ったりすることができる機能を有しているものもあります。さらに、管理者(発注者)側にとっては、ツール上で共同作業を行うことで、文書にアクセスする翻訳者などを制限・管理することが可能になり、翻訳資産の保護、一元管理ができるというメリットもあります。

レビュー
翻訳した文書の見直し(レビュー)を行うのも、CATツールを使えば簡単です。原文と翻訳文を画面上に並べて表示できるので、比較が容易になり、印刷する手間も省けます。こうした効率化の積み重ねが、長期的な視点での生産性の向上に貢献することとなるのです。

解析と作業量の管理
CATツールはワード数をカウントできるだけでなく、文章の比較・解析も可能です。例えば、マニュアルのような文章の旧バージョンと新バージョンの原文ではどの程度変更が加えられているのか――CATツールは、この時の改訂率を数値化して示してくれます。つまり、CATツールを使用すると、依頼文章の中で新規に翻訳する必要がある箇所と量を把握することができるので、翻訳料金や想定作業量(作業日数や人数)の算出にも役立つのです。

■ さまざまなCATツールを試してみよう

無料ツール
CATツールとして有名なものは有料ですが、無料のものもあります。翻訳の仕事を始めたばかりのフリーランサーは、以下のような無料ツールを試して基本的なインターフェイスに慣れるとよいでしょう。

OmegaT
MateCat
SmartCAT

手数料を払えば利用可能なツール
手数料を払えば、生産性のさらなる向上に役立つ高度な機能を使えるツールもあります。

Fluency Now
Wordfast
Swordfish

オンラインツール
オンラインツールは、世界中どこでも使用できる点が大きなメリットです。

Wordbee
Transifex

そして、翻訳業界で最も利用されているCATツールといえば、SDL TradosmemoQLingueeなど です。現在では多くの翻訳支援ツールが市販されていますが、その機能は日々進歩しています。これらの代表的なCATツールは、認知度が高く、世界中で多くの翻訳者が利用していますが、決して安いものではありません。しかし、クライアントによっては、これらのCATツールを使うことを要件に入れていることもあり、業界における信頼度は高いと言えるでしょう。それぞれに特長や機能が異なるので、自分が主としてどのような文書を扱うか、どのぐらいの仕事量かを考慮した上で比較・検討するとよいでしょう。無料ツールを試してみて、自分の仕事に役に立つと確信できたら、有料ツールの購入を検討するのでもよいのです。

CATツールを利用して効率をアップできれば、その分、訳文の見直しやブラッシュアップに時間を割くことができ、品質のさらなる向上も期待できます。あなたの翻訳プロセスを「支援」するCATツールを使いこなして、翻訳者としての実績を積み上げてみてはいかがでしょうか。

Leave A Reply

Your email address will not be published.

お気軽にお問い合わせください

toiawase@crimsonjapan.co.jp