法人お問い合わせ お見積もりはこちら
月-金10:00-19:00
050-6861-4505
ulatus iso certificate

ISO認証について

クリムゾンインタラクティブ・ジャパンは、翻訳サービスの国際規格(ISO17100:2015)、情報セキュリティマネジメントシステム(ISO/IEC27001:2013)ならびに品質マネジメントシステム(ISO9001:2015)の3つのISO認証を取得しています。

世界基準の高品質な翻訳や厳重な情報管理システムを評価されており、ISO17100:2015とISO27001:2013、ISO9001:2015を同時に取得している翻訳会社はほとんど存在しません。業界のリーディングカンパニーとしてサービスのさらなる拡充を常に追求しており、そのサービスが国際基準に沿ったものであることの客観的証明として、今後も積極的に取り組んでまいります。

iso certificate
iso certificate
iso certificate

ISO17100:2015 翻訳サービスの国際規格

ISO 17100は、翻訳業務のプロセスや翻訳に携わる人材の資格や力量を規定した国際規格で、翻訳文の品質を確保すべく、国際標準化機構(ISO)によって2015年に制定されました。

ISOは「仕様に適合する高品質の翻訳サービスの提供に必要な過程・資源その他の要求条件」を定めており、それに適合することによって、サービス提供能力の水準を証明することができます。以下が主な内容です。

  • 人的資源翻訳者、チェッカー、プロジェクトマネージャーなど、プロジェクト実施に関与する人間の能力に関する規定。特に翻訳者についてはa)翻訳に関する高等教育の学歴を有すること、b)翻訳以外の分野での高等教育の学歴と2年間の翻訳実務経験を有すること、c)5年間の翻訳実務経験を有すること、のいずれかに該当していることが求められます(クリムゾンインタラクティブ・ジャパンは上記3点のすべてをクリア)。
  • 技術的資源翻訳の遂行および文書・データの管理に必要な技術的手段、通信設備、用語管理ツールなどを保有していること。
  • 翻訳実施前の作業発注者との合意内容(納期、対価、プロジェクト仕様書)の文書化、保管。
  • プロジェクトの準備翻訳に必要な用語集、スタイルガイド、翻訳メモリなどを用意する。
  • プロジェクト管理プロジェクトマネージャーによる管理能力が求められます。適切な翻訳者・チェッカーを選定し、納期遵守のための監督や発注者からのフィードバックを反映できているか、などが問われます。
  • 翻訳の実施とチェック翻訳者が用語・スタイルを統一できているか、チェッカーが原文との比較対照によるチェックを行っているか、プロジェクトマネージャーが発注者の意向をすべて反映できているかを確認の上で納品することなどが要求されます。
  • 翻訳終了後の作業機密保持を考慮した適切な情報処理を行う必要があります。

上記をすべてクリアすることにより、クリムゾンインタラクティブ・ジャパンは世界標準の翻訳サービスを提供できる会社として認められました。お客様からより信頼され、喜んでいただけるサービスをめざし、努力してまいります。

ISOとは

ISOとは、国際標準化機構(International Organization for Standardization)のことで、スイスのジュネーブに本部を持ち、約150カ国の企業が登録しています。ISOは会社の経営システム、サービスの提供や業務プロセス等を審査し、品質マネジメントシステムが国際基準に達していると判断した場合のみ、国際規格ISO認証を発行します。1947年のISO発足時には製造業だけが認定の対象でしたが、近年はサービス業にも認定範囲が広げられています。

ISOの認証は一度授与されれば一生保持できるかというと、決してそうではありません。定期的に監査チームがクリムゾンインタラクティブ・ジャパンを訪れ、社内システムを何日にもわたってくまなく精査し、関係者にインタビューをしたり、必要文書を閲覧したりして、ISOの掲げる要求条件をすべて満たしているかどうかを判定します。したがって、要求事項に従って、社内体制をモニタリング・維持・改善していかなければ、ISOを保持することはできないのです。

お見積もりはこちら

お気軽にお問い合わせください

toiawase@crimsonjapan.co.jp

翻訳会社クリムゾン インタラクティブ ジャパン ホームページ