動画マーケティングの動向と動画翻訳の需要

今や、世界中で多くの人がコンピューターやタブレット、スマートフォン(スマホ)を利用してプロモーションビデオを見ていることから、マーケティング戦略における動画の活用が無視できないものとなっています。

多言語マーケティング戦略が必要な理由

ターゲット層にリーチして競争力を獲得するには、多言語マーケティング戦略の導入が必要です。多言語コンテンツマーケティングを行うことで、ビジネスの急速な拡張や、競合との差別化の可能性が開かれます。 多言語マーケティング戦略とは

海外向けSEOで重要なドメイン構造の選び方

ビジネスを世界に広げる中で、Webサイトを各国・各言語版にローカライズし、それらサイトの閲覧(トラフィック)を増やすことは新規顧客獲得に向けた最初の一歩です。そのためには、海外向けのSEO(検索エンジン最適化)対策を行う必要があります。これにより、国内にとどまらない世界のユーザー向けにサイトが最適化され、ターゲットとしている国や言語を検索エンジンに認識させられるようになります。

スペイン語の翻訳の重要性を考える

スペイン語の話者数は世界に約5億3,400万人いると言われており、英語、北京語、ヒンディー語に続く世界で4番目に広く話されている言語です。近年、スペイン語の翻訳サービスの需要は、米国企業を中心に高まっており、スペイン語の翻訳サービスは40%増加していると推定されています。ここでは、スペイン語が重要視されるようになった理由を考えてみます。 増え続けるスペイン語の話者数

翻訳会社/LSPのコロナ禍での役割

世界が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)との闘いを続ける中、翻訳会社あるいは言語サービスプロバイダ(LSP)は、さまざまな言語で行われているCOVID-19に関する調査や研究の情報を世界に発信・共有する上で重要な役割を担っています。 COVID-19が翻訳業界に及ぼした影響 他の多くの業界同様、翻訳業界もCOVID-19の感染拡大により多くの課題に直面することとなりました。CSA

ウェブサイトを翻訳して世界に羽ばたけ!

世界中では45億7000万人(Statista:2020年7月公表)ものアクティブユーザーがインターネットを利用しています。新しい市場で製品やサービスを紹介し、世界中のユーザーに情報を届けるためには、ウェブサイトを多言語化するのが最適です。コンテンツを別の言語、それも、より多くの言語に翻訳することで、何百万人もの新規顧客に製品やサービスを知ってもらうことができるのです。ここでは、ウェブサイトを翻訳するべき理由の中でも、特に重要な点をいくつかご紹介します。

翻訳会社を活用し、ビジネスを世界に

国境を越え、ビジネスを拡大すれば新規顧客獲得のチャンスはおのずと広がります。しかし、細かいニュアンスや文化にまで配慮した翻訳とローカライズを行わなければ海外で受け入れられるのは困難です。そうした、現地に受け入れられるローカライズをするためには、適切な翻訳会社を選ぶ必要があるでしょう。この記事では、翻訳会社を利用したグローバルな展開について記します。 幅広いオーディエンスを獲得する

お気軽にお問い合わせください

toiawase@crimsonjapan.co.jp